top of page
  • 執筆者の写真花かご

令和5年3月13日以降のマスク着用について

新型コロナウイルス感染防止対策について、平素より当施設の運営にご理解とご協力を頂き、心より感謝申し上げます。

今般、厚生労働省よりマスク着用の考え方について、

個人の主体的な選択を尊重し、着用は個人の判断に委ねる事を基本とする、と通知がありました。ただし、高齢者など重症化リスクの高い方への感染を防ぐため下記の場面ではマスクの着用を推奨されています。

〇医療機関受診時

〇高齢者等重症化リスクが高い者が多く入院・生活する医療機関や高齢者施設への訪問時

〇通勤ラッシュ時など混雑した電車やバス(※)に乗車する時 (当面の取扱)

(※)概ね全員の着席が可能であるもの(新幹線、通勤ライナー、高速バス、貸切バス)を除く

〇新型コロナウイルス感染症の流行期に重症化リスクの高い方が混雑した場所に行く時については、感染から自身を守るための対策としてマスクの着用が効果的です。

そのほか、有症状がある場合や自身又は家族がコロナ感染症の検査で陽性になった場合等。


高齢者など重症化リスクの高い方が多く入院・生活する医療機関や高齢者施設などの従事者は勤務中のマスクの着用を推奨されています。


したがって当施設の従事者も引き続きマスク着用を徹底すると共に、ご利用者様に関しましてもご利用の際は引き続きマスクの着用をお願い申し上げます。


今後とも感染対策の徹底を行い、皆さまに安心してご利用して頂けるよう努めて参りますので、ご理解の程、宜しくお願い致します。



Comments


bottom of page