top of page
  • 執筆者の写真花かご

令和5年5月8日以降の新型コロナウイルス感染症の対応について

新型コロナウイルス感染症は、令和5年5月8日より5類感染症に移行となります。

5類への移行に伴い、新型コロナ感染者は法律に基づく外出自粛は求められず、外出を控えるかどうかは個人の判断に委ねられます。

同様に、「濃厚接触者」も一般に保健所から特定されることはなくなり、法律に基づく外出自粛は求められなくなります。


当施設のような高齢者施設においては、重症化リスクを有する高齢者が多く生活しており、感染拡大の恐れもあるため適切な判断、考慮が必要となります。

つきましては、下記に留意事項を記載致しましたのでご確認下さい。


【新型コロナウイルスに感染した場合】

特に発症後5日間が他人に感染させるリスクが高いことから、

発症日を0日として5日間は外出を控えることが推奨されます。

※無症状の場合は検体採取日を0日目とします。

※5日目に症状が続いていた場合は、熱が下がり、痰や喉の痛みなどの症状が軽快して24時間程度が経過するまで外出を控えることが推奨されます。


ご家族が感染された場合の当利用者様のご利用については、感染者と当利用者様の接触状況から判断し、場合によってはご利用をお断りさせていただく場合がございます。

予めご了承ください。

又、ご利用の際は引き続きマスクの着用もお願い申し上げます。



今後とも皆様に安心してご利用して頂けるよう努めて参りますので、ご理解ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。



                                      






Comments


bottom of page